7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともあった そう


ほー なるほど






あと

七夕といえば 織姫様とひこぼし様が 年に一度だけ会えるという


ロマンティックな日 だと思っておりましたが


このようなストーリー ご存知でしたか?








「織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。


彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。



二人はめでたく夫婦となったが、夫婦生活が楽しく、



織姫は機を織らなくなり、夏彦(彦星)は牛を追わなくなった。



このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、




年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、




天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。







しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。






星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。




また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。」

「Wikipedia」より



恋に浮かれちゃったんですね...














以上


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて催されます


笹と 七夕飾りの 無料配布イベントのお知らせでした!





利用者様とスタッフで

皆様のお越しを 楽しみにお待ちしております!






建物の前は 自転車・バイク・車が通る道ですので

お越しの際は どうぞお気をつけてお越しくださいませ









どうぞよろしくお願い致します🎋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7月5日(水)笹と七夕飾りの無料配布について


来る2023年7月5日(水)

11:00 〜 13:00

デイサロン椿 玄関前 駐車スペースにて


『笹の無料配布』 という


ミニイベントを行います!(雨天決行)





スタッフが

椿の庭で 元気に伸び伸び 成長した笹を伐採し

利用者様方が 

レクリエーションで心を込めて作って下さった 短冊や お飾り




これらをセットにして


地域の皆様に プレゼントさせていただく 催しとなります🎋







場所は 椿の玄関前


送迎車の駐車スペースです







2023年の七夕

ご家庭で お子様と一緒に

短冊に夢を書いたり

いろんなお話をしながら

笹に飾り付けをしたり

楽しい時間を過ごす お手伝いが出来たら嬉しいです🎋









なお 大変申し訳ございませんが 数量が約20個と かなり限られた数になります





どれくらいの方が 希望してくださるのか 予想がつきませんが



ご希望の方は 出来ましたら お早めに 足をお運びいただけますと幸いです








*お電話での取置きや予約等は お受けできません 
 御了承下さいませ








ちなみに


「 🎶五色の短冊ー 私が書いたー 」

の五色とは 



「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」

古代中国の陰陽五行説に基づいた色だそうで


陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち

「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とし



木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)

この五色を短冊や吹き流しに使用することにより


魔除けの意味を持たせたと言われており





江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれ

また、願い事